新日本海フェリー            客室・船内設備レビュー

新日本海フェリーに乗ってみよう!

「北海道をマイカーで旅行したい!」、「広大な大地をバイクでツーリングしたい♪」とか、「雄大な日本アルプスを見てツーリングしたい!」、「関西へマイカーで行きたい!」と言う方もいらっしゃるでしょう。

 

本州をひたすら走って北海道へ行くのは、時間的にも体力的にもかなり大変です。そんな時の強い味方がカーフェリーです!ここにはどんなフェリーが就航しているのでしょうか?客室は?設備は?食事は??そんな疑問にお答えすべく作ったサイトです。ご利用になる皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

就航船舶は全8隻

 

フェリーは行き先毎にペアで就航しています。ここでは下記の6隻について紹介します。

すずらん すいせん

すずらん

敦賀ー苫小牧東(直行便)、2012年6月20日就航

すいせん

敦賀ー苫小牧東(直行便)、2012年7月1日就航

はまなす あかしあ

はまなす

舞鶴ー小樽、2004年7月就航

あかしあ

舞鶴ー小樽、2004年7月就航

フェリーあざれあ フェリーしらかば;

190t8629sa.jpg

敦賀-苫小牧東港(寄港便)、1994年4月26日就航

新日本海フェリー            客室・船内設備レビュー

敦賀-苫小牧東港(寄港便)、1994年7月12日就航

 

 

フェリーでの楽しみってなに?

フェリーの楽しみは「非日常」だと思っています。
長距離フェリーですからそれほど頻繁に乗ることもないでしょうし、時間を優先しない選択肢ですから船旅を楽しみたい方が多いのかも知れませんね。
ではそんな「船旅の楽しみ方」ってどんなものがあるのでしょうか?

 

フェリーの楽しみ方はこちら

 

 

フェリーの食事

フェリーは長時間の乗船なので、1回以上食事をする機会があります。
レストランやカフェではどんな食事があるのでしょうか?食べたものをレビューしてみました。

 

食事のレビューはこちらから

 

 

フェリー乗り場は6カ所

 

乗船時間は約21時間。「えーっ、そんなにかかるの???」とおっしゃる方もいらっしゃるでしょうね。そんなにかかるんですよ。でも自分で運転することを思えば乗ってるだけですからね♪それに驚くほどリーズナブル!車を載せて行っても、航空機の通常料金より安いんですよ。それに大きいフェリーだから設備も充実していてすっごく快適♪

 

新日本海フェリー            客室・船内設備レビュー
「フェリーしらかば」(敦賀ー新潟ー秋田ー苫小牧東)

 

私は渡道する時、いつもフェリーです。車で行くとなると選択肢は日本海回りか太平洋回りか。時間を考えると断然日本海回りが早いです。新日本海フェリーならば関西方面の港は舞鶴港と敦賀港の二カ所。そして北海道側の港は苫小牧東港と小樽港の二カ所で、目的地に応じて選ぶことが出来ます。
では新日本海フェリーはどんなルートがあるんでしょうか?ここでは近畿と北海道の4カ所を紹介します。

敦賀港 舞鶴港 新潟港

新日本海フェリー            客室・船内設備レビュー

すずらん、すいせん、フェリーあざれあ、フェリーしらかば

舞鶴港

はまなす、あかしあ

フェリーあざれあ、フェリーしらかば、らいらっく、ゆうかり

苫小牧東港 小樽港 秋田港

新日本海フェリー            客室・船内設備レビュー

すずらん、すいせん、フェリーあざれあ、フェリーしらかば

新日本海フェリー            客室・船内設備レビュー

はまなす、あかしあ、らいらっく、ゆうかり

フェリーあざれあ、フェリーしらかば